病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
透析のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
広報誌
バリアフリー情報
情報公開
調達情報
個人情報保護方針
医療安全管理指針
身体拘束
看取り
地域協議会
病院総合医育成プログラム

病院長挨拶

院長 河野 幸裕 挨拶

院長
社会保険高浜病院は医療施設の少ない当地方で昭和24年4月に社会保険病院として開設以来、公設民営形態で僻地医療や救急医療を手掛けて地域医療に貢献し、また社会保険病院の中では全国に先駆けて平成6年に老人保健施設を併設し、21世紀の超高齢化社会に向けて医療や介護サービスを提供してまいりましたが、平成26年3月31日をもって社会保険病院としての歴史を一旦閉じ、4月1日より独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)若狭高浜病院という新しい名称で再出発いたしました。これは10年近くの国会での議論を経て平成23年6月に成立した独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)法の一部改正案により、RFOが平成26年4月1日に独立行政法人地域医療機能推進機構(略称;地域医療機構 Japan Community Health Care Organization; JCHO)として改組されて発足するもので、当院を含む社会保険病院47施設、厚生年金病院7施設および船員保険病院3施設の計57施設からなる新しい病院グループが誕生したことによります。この新機構は全国の社会保険病院、厚生年金病院、船員保険病院を統合し、公設公営形態により全国の傘下病院をあげて地域医療に貢献することを最大のミッションとしています。なかでも国の医療計画にあるいわゆる5事業(救急医療・災害医療・僻地医療・周産期医療・小児医療)、リハビリテーションその他地域において必要とされる医療及び介護を提供する機能の確保を図り、公衆衛生の向上及び増進並びに住民の福祉の増進に寄与することを目的としています。この新しい機構の理念は、「地域医療、地域包括ケア連携の要として、高齢化社会における地域住民の多様なニーズに応え、人々の生活を支える」と提言されています。所属の各病院は地域のニーズと自らの特色を生かし、地域医療、地域包括ケアに貢献してゆくことになります。一般病床・療養病床・介護老人保健施設・訪問看護ステーションを有する当院は,今後も職員一同一丸となって,「健康」というテーマに向かい、当院のモットーである三意の心(誠意・熱意・創意)を持って、丁寧な医療、真心のこもった看護・介護を提供し、地域の基幹病院として皆様に愛され選ばれる病院になるよう努力していきたいと願っていますので、これからもよろしくお願いします。

 
PageTop